車検・12ヶ月点検 >部品交換の目安

部品交換の目安

部品交換の目安

  • タイヤ
    タイヤ横の三角形の延長線上には、保安基準で定められた溝の深さ 1.6mmを示す「スリップサイン」があります。このスリップサインが露出し、 残り溝1.6mm未満となったタイヤは、「整備不良」として使用禁止となり、 車検にも合格できないため、新品タイヤと交換する必要があります。 なお、溝の深さが2.5mm以下になると制動距離が長くなったり、 濡れた路面でスリップしやすくなり危険です。 気になる場合は早めに交換してください。
  • ワイパーゴム
    ワイパーゴムの寿命は、クルマの使用状況や保管状況により 大きく異なりますが、次のような症状が出たら早めに交換しましょう。 ・拭き残しがあり、視界が悪い ・ウインド・ウォッシャー液を出し、ワイパーを作動させたとき、 ギリギリとかキーキーといった異音が出る ・ゴムの端が切れ始めている
  • エンジンオイル
    エンジンオイルはエンジンの血液。 ドロドロ血液ではエンジンの健康も保てません。 3,000~5,000キロ毎の交換をおすすめします。
  • オイルフィルター
    エンジンオイルの汚れをきれいにするフィルターです。 オイル交換2回に1度は交換しましょう。
  • オートマチックオイル
    「変速ショックが大きくなった」 「音がうるさくなった」など、お感じになったら点検、交換して快適走行を。
  • ブレーキオイル
    ブレーキの力を伝える重要な役割です。 汚れて性能が低下し、ブレーキが効かなくなったら大変! 2年に1度は交換しましょう。
  • ブレーキパッド
    残り3ミリ以下なら要注意! キチンと点検を受けて、安全走行のために早めの交換を実施しましょう。
  • スパークプラグ
    「エンジンのかかりが悪い」「加速がにぶい」「燃費が悪くなった」 などの症状がでたら、そろそろスパークプラグの交換時期かも・・・。
ページトップへ